2020/02/28
パパ活コラム

パパ活がなんだか疲れた。辛い原因と対処法を体験者が伝授!

つらい

消費税率の引き上げや、終身雇用の崩壊…現代にお金の不安は尽きませんよね。

それに伴って、『パパ活』を始めている女性が増えているようです。

 

そうなると、パパ活をするにあたってストレスや悩みを抱えている方も、多いのではないでしょうか?

気軽に人には相談できない、パパ活でのストレスや悩み…。

 

そこで、筆者が体験談を元に、対処法をお伝えしたいと思います!

📝ライター紹介
 ちい:24歳

パパ活暦6年目に突入!
現在はパパ活もしながら、パパに支援してもらったネイルサロンを経営しています。

18歳の時に、経済苦のため学校を中退し、在宅ワークやナイトワークなど様々な仕事にチャレンジしてきました。

過去には200人以上のパパと出会い、最終的には神戸にマンションを買ってもらえました♡
パパ活は『稼ぐための一つの手段』に過ぎないと思っているドライ派パパ活女子です。

200人のパパと会うためには、いくつかアプリを使ってます。

パパ初期時代はは、アプリでパパを見つけてルーティンしてました!

定期パパがほしいなーと思って、「ユニバース倶楽部」にも登録してみたんです!
これは、アプリではなくて交際クラブがネットに対応したというもの。

大きめなお金を安定してゲットするには太パパの確保が必須!
アプリだけでは出会えない層のパパにも会いたい人は覗いてみてください♪

LINEから簡単に登録・問い合わせ可能だよ!

では私のリアルな体験談からレッツゴー!

パパ活をやるに至った経緯と理由!

まず、最初に私がパパ活をやることになった理由をお伝えします。

私は、元々高級デリヘル嬢でした。

18歳になると同時に風俗業界に足を踏み入れ、働き始めてすぐに『もっと効率よく稼ぎたい』と思うようになりました。

それは、「お店にマージンを取れるのがどうしても嫌だったから」という、ケチな理由からでした。笑

 

お店の太客を裏引きしたのが、パパ活の始まりでした。

 

※マージンとは…お給料から差し引かれる、お店の取り分のこと。

※裏引きとは…お店のお客さんと、お店を通さず直接会って、金銭を受け取ること。

 

パパ活にもう疲れた・・・つらい原因とは?

パパ活つらい

①意外と稼げなくてつらい

これは特に、パパ活を始めたばかりの時に多い理由かと思います。

はじめの頃は、思っていたよりも稼げなくてストレスですよね…。

特に、稼ぎたい金額の理想が高ければ高いほど、ギャップを感じてしまいます。

 

②パパとの関係が続かなくてつらい

私も、200人近くの方とお会いしましたが、長く続いた方が珍しいくらいでした。

最近は、パパ活女子が増えてきて、競争倍率が上がってきているのも、大きな原因かなと感じます。

パパ達もやはり、色んな女の子と会って、選りすぐりの子とお付き合いしたいと考えるのでしょうね…。

 

③毎日のLINE・連絡がつらい

連絡

やっとパパを捕まえられたとしても、一番億劫になるのが毎日の連絡です。

当然パパ活女子にだって、学校や仕事、友達や彼氏と付き合いという「自分の生活」があるもんです。

パパだけに時間や労力を費やせるわけではありません。

 

でも、毎日の連絡を怠ると関係が切れやすかったり、飽きられやすかったりということも…。

だから、一生懸命まめに連絡するけど、正直疲れてきます。

 

④体の関係を求められすぎてつらい

パパ活つらい

パパ活女子あるあるですよね。

パーソナルスペース極小な人にありがちな、ボディタッチ多めのパパには要注意

しかも、そういうガッツいてくるパパに限って、全然満足なお手当くれない。…ケチ!

 

⑤時間が長すぎてつらい

拘束時間が長いと、目に光が無くなっていくのを、自分でも感じる時ありませんか?

『目は口程にものを言う』とは、本当によく言ったものですね。

私はしょっちゅう明後日の方向を見ていて、パパからは『蝋人形のようだ』と言われていました。

 

私と同じく目に感情が出やすい方には、色素薄い系のカラコンがおすすめです

 

⑥パパがキモくてつらい

デート

パパ活女子
これは本当につら過ぎる…!

ただでさえ、好きでも何でもない相手なのに、その上、下ネタ好きとかメンヘラだったら尚つらい。

あと、ダサいのは見逃せても、臭いとか衛生的に問題ある人はもう論外。

 

不潔な人には、経済力がない場合が多いので、さっさと帰りましょう。体験から確実に語れます!

 

パパ活がつらい時の対処法!

①意外と稼げなくてつらい時:細く長く続ける

お金

これは、あなたが1回のデートでどれくらいお手当が欲しいかによって、対処法が大きく変わってきます。

まずは、1回でたくさんお手当が欲しい場合についてです。

私の場合は、お食事のみのお付き合いだと1回3万〜5万までが限界かな?と感じました。

 

ちなみに、調べた限りではお食事のみでの相場は、0.5〜1.5万ほどでした。

 

ごく稀に、お食事だけでも10万以上のお手当を下さる方は居ましたが、身体にハンデがある方やご年配の方が多かったです。

そういった、ハンデがある方やかなり年の離れた方とも難なくお話ができるトーク力がある方や、よほど自分の容姿に自信がある方でないと厳しいかなと感じます。

 

お食事のみなら、相場くらいのお手当でも全然問題ない!と感じる方は、細く長く続けることで稼げるかと思います。

 

②パパとの関係が続かなくてつらい:正直にプロフィールをきちんと埋めてみる!

パズル

きちんと定期的に連絡も取っているし、デート中も楽しくおしゃべりしようと努力しているのに、なぜか関係が切れてしまうことはありますか?

それは先述の通り、パパ活女子が急増していることが、関係しているかもしれません。

 

パパ活アプリや出会い系サイトを利用しているなら、一度女性のプロフィールを見てみるといいかもしれません。

きっと、予想以上に可愛い子や綺麗な人、自己紹介が上手く魅力的なプロフィールの方が多くて、驚かれるでしょう。

しかし、何も焦ることはありません。

 

失礼を承知で言わせていただきますが、フェイクな方が大半です。

どうしてそう言えるかと言うと、実際にお会いしたパパから『初めて写真どうりの子が来てくれた』や『自己紹介文どうりで安心した』とよく喜ばれました。

 

私は決して美形ではありません。

ただ、パパ達もお金を渡すからには、見え透いた嘘をつくような人と一緒に居たってつまらないのです。

 

③毎日のLINE・連絡がつらい:会う前と会った後で頻度を変えない

私自身、とても面倒くさがりなのでお気持ち痛いほど分かります!涙

パパ活女子
私の場合は、実際に会うまでにどれだけ連絡を取り合うかで、わりと簡単に解決できました。

初めて実際に会うまでに毎日連絡を取っていて、実際に会ってお付き合いが決まった後からは、1日置きに連絡を取るようになるとします。

パパからすると、毎日連絡を返してくれていた相手だっただけに、毎日返してくれない事に不満を抱きます。

例え、1日置きに返していても、です。

 

なので、私は会う前の段階から無理のない範囲で連絡を返すようにしていました。

私は、8〜10人と同時進行でお付き合いしていたので、毎日いいタイミングで連絡を取ろうと思うと、一日中スマホに張り付いてないといけなくなってしまいます。

現実的じゃないですよね。

 

④体の関係を求められすぎてつらい:デートスケジュールとトークを工夫する

どれだけ最初に『お食事だけ』と念を押していても、しつこくロマンスを迫ってくるお行儀の悪いパパはいますよね。

※ロマンスとは…身体の関係、あるいは性行為を含んだ関係のこと。

 

お手当を上げてくれるならいいけど?と、ドライに割り切れる方はあまり苦では無いかもしれません。

しかし、どうしてもそれだけは嫌な方や、生理的に受け付けない相手から何度も迫られるのは苦行以外の何物でもありません。

 

私は正直なところ、信頼関係が築けている太パパや好きパパとは、ロマンスしていました。

逆にそれ以外の細パパや生理的に受け付けないパパとは、食事の前後に2〜3時間は時間が潰れるようなデートしたり、下ネタ系の話題はとことん無視していました

パパ活女子
クスリともせず、真顔で聞こえてないフリをして、なんなら食い気味に話題を変えていました。

だって、そういう条件でお付き合いしているんだもの

だから、ロマンスを断っている私には、非がないんだもの

 

今思うと全然可愛くない断り方ですが、私は心をすり減らしてまで、パパ活をする気はなかったんです。

心と身体をすり減らせるなら、大人しく風俗で働き続けたはずです。

 

⑤時間が長すぎてつらい

乾杯

デート時間に関しては、あらかじめ決めておきましょう。

お食事のみだと、だいたい2時間ほどあれば十分です。

その後、お茶をするにしても3時間あればいいでしょう。

 

その時間内で、デートをするとはっきりパパに伝えてください。

そうでないと、後から『食事をしている時間はその2時間に含まれないと思ってた。』なんて、言い出す輩もいるんです。

急にそんなこと言われても、じゃぁ仕切り直して残り2時間何する?ってなっちゃいますよね?

 

輩達はそこを狙って、ホテルに連れて行こうとするんです。

油断も隙もあったもんじゃないですよね、ほんと。

 

トラブル防止のためにも、デートの時間や内容はしっかり決めておきましょう。

 

⑥パパがキモくてつらい:すぐに次を探す!心をすり減らさないで!

 

こんなこと言いだしたら元も子もないのは分かってるんだけど、仕方ない問題ですよね。

キモいと感じる事実は、変えられないんだもん。

私の場合は、キモい!と思ってしまったら絶対に長続きしなかったので、早々に諦めて次を探していました。

パパ活女子
写真だとギリギリいけるわと思っていても、いざ会うと自身の全ての細胞がざわつきだすんです、『やめておけ』と。

お食事だけならなんとか我慢できる!と思っていても、それでも無理な時があります。

そもそも話が合わない、合わせることも難しいとなると尚更ですよね。

 

パパにもいろんな人がいて、いろんな出会い方があるので、無理せずに次を探しましょう。

心をすり減らしてまで、パパ活していたら、結局元も子もなくなってしまいます。

 

パパ活が辛かった時の筆者の体験談!

憂鬱

特に、パパ活をはじめたての頃は、本当につらかったです。

私の場合は、はじめお店の太客をパパにしていたのですが、お店の太客となるとやはり気持ち悪いと感じる相手もいたわけです。

特殊な性癖を持っていたり、臭かったり、本気で交際や結婚を迫ってくる人だったり…。

 

アプリやサイトを使ってみても、なかなか要領を掴むまでは良いパパと出会えず、お手当未払いのままトンズラされることも少なくありませんでした。

しかも、風俗のお仕事と掛け持ちだったのもあって、心も身体もすり減っていく毎日でした。

精神的にかなり弱ってしまい、正常な判断ができなくなっていた私は、お店を辞めることもパパ活を辞めることもできずに居ました。

 

そんな中でも、もう一度頑張れたのは、『お金を貯めて絶対にお店を辞めて、自分の会社を作る』というハッキリとした目標があったおかげです。

せっかく女に生まれたなら、女であることを上手く利用して生きていこうと思ったんです。

 

パパ活するにあたっての注意点

どうしても辛くなった時の注意点を経験者がアドバイスします。

パパ活の辞め時とは?

目標金額を決めて貯まったらやめる!

お金

すばし、「目標金額を決めて、貯まったらすっぱり辞める!」

パパ活のモチベーションを保つためにも、とっても大切なポイントです。

金額だけじゃなくてもいいんです。

 

・資格を取ったら辞める

・学校を卒業したら辞める

・就職したら辞める

 

などなど、自分の中で辞めるタイミングをしっかり決めることを強くお勧めします。

 

つらくて鬱になる前にやめる!

私は、パパ活はお金を稼ぐための一つの手段に過ぎないと考えています。

別にパパ活じゃなくたって、お金を得る方法はあります。

一度はパパ活で心を病んでしまったからこそ、どうか心を病んでしまう前に辞めてほしいと願います。

 

そのためにも、『辞め時』というのはきちんと決めておきましょう。

モチベーションを保つため、精神衛生を保つため、あなた自身を守るためにです。

 

これからパパ活したい女性にアドバイス!

 

若さ、あるいは女であることを武器にお金を稼ぐのが、パパ活です。

そのため、いつも危険が付きまとっていることを、忘れないでください。

詐欺、性犯罪、ストーカー被害、精神疾患など潜む危険をあげればキリがありません。

 

しかし、危険と同時に夢があるのも確かです。

大金を手にし、夢を叶えている方も多くいて、私もその中の1人になりました。

パパ活女子である私の体験談が、お役に立てば幸いです!