2020/02/20
パパ活コラム

2020年は「ジジ活」が流行る!パパ活女子必見の「ジジ活」特徴とそのやり方を解説

ジェントルマン
マスコミでも大きく取り上げられてきているパパ活。

男性とデートをしてお小遣いやプレゼントをもらう女の子の活動ですが、高齢男性を対象にした「ジジ活」という言葉も出てきています。

ジジ活は年齢を重ねた男性だからこその魅力・メリットがたくさんあります

ハマる人はもうパパ活できないかも?!今回はジジ活について解説していきます!

📝ライター紹介
 ちい:24歳

パパ活暦6年目に突入!
現在はパパ活もしながら、パパに支援してもらったネイルサロンを経営しています。

18歳の時に、経済苦のため学校を中退し、在宅ワークやナイトワークなど様々な仕事にチャレンジしてきました。

過去には200人以上のパパと出会い、最終的には神戸にマンションを買ってもらえました♡
パパ活は『稼ぐための一つの手段』に過ぎないと思っているドライ派パパ活女子です。

200人のパパと会うためには、いくつかアプリと交際倶楽部を併用しています。

パパ初期時代はは、アプリだけでパパを見つけてルーティンしてました!

定期パパがほしいなーと思っていた頃に、「ユニバース倶楽部」にも登録してみたんです!
これは、アプリではなくて交際クラブがネットに対応したというもの。

大きめなお金を安定してゲットするには太パパの確保が必須!

東京だけでも、300以上の交際クラブがあります。中には詐欺的なクラブもあり、最良の交際クラブを見つけるのは、至難の業。

でもユニバースクラブは全国に支店があって規模も大きくて安心♡

フィーリングで相性が良いパパと出会ったら長期の契約も。
パパと高級ブランドお買い物デートを楽しんで毎月70万円以上ゲット!

LINEから簡単に面接申し込み・問い合わせ可能だよ!

ジジ活とパパ活の違い

ジジ活の年齢!

デートイメージ

お小遣いをもらって男性とデートを楽しむ、という意味では、ジジ活はパパ活とほぼ同義です。

では、そもそも何歳~何歳がパパ活/ジジ活なのでしょうか。ネット上ではだいたいパパ活は20代後半の男性からやっていると言われています。

それ以上若いと「兄活」といって、金銭的に余裕がない若い男性がデート代程度を負担して同年代の若い女の子と遊ぶ、といった活動になります。

一方、ジジ活は何歳までの人がやっているかというと、だいたい80代ぐらいまでいると言われています。すごい元気ですね。

よって、おおよそ60代~80代の男性と遊ぶ活動をジジ活といいます

ジジ活はこんな人がしています!

デートイメージ

ジジ活をやっている男性にはどんな職業の方が多いのでしょうか。60代以上の男性なので、会社員であれば引退する年齢なので現役で稼いでいる人ではありません。

ジジ活をやっている人は経済的に余裕のある方なので、いわゆる経営者や地主、医者や弁護士などのいわゆる士業の方、一流企業を退職した元会社員などが多いです。

なお、知っている方も多いと思いますが、パパ活世代よりこのジジ活世代の男性のほうが非常に裕福です

ある民間シンクタンクの調査によれば、1世帯あたりの平均貯蓄高は、30代で578万円、40代で915万円、50代で1,559万円、60代で1,991万円、70歳以上で1,824万円となっています。

子育てもローンも終わっているジジ活世代は、使えるお金も現役世代より多く、稼ぎたい女子にとっては狙い目です

なお、見た目は様々。代々の資産家であれば落ち着いており、一見質素でもさりげなく良質なものを持っていてセンス良くまとめていたりもします。

一方、一代で資産を築いた人はブランド物を身に着けガツガツしており見栄っ張りな方も多いです。

なお、ブランド物で着飾った人の中には、そこまで裕福でなくただの見栄っ張りなおじいちゃんもいますので、ご注意を。

デートの違い!

それではジジ活とパパ活ですが、デートの内容に違いがあるのでしょうか。例えばジジ活ではこんな感じでデートすることになります。

編集部
ジジ活歴2年、都内在住のジジ活女子に聞いてきました!

高級料亭でデート

高級料亭

ウナギ屋さんや高級割烹、隠れ家的なお寿司屋さんなど、年齢を重ねてきたからこそ知っている知られざる高級店での落ち着いた食事デートも多いです。

もしその店の常連であれば、一見さんお断りの珍しいお店に行けることもあります!

屋形船からの花火大会、縁日、花見

花火

意外とアクティブな高齢男性は、実はイベント大好き

だけども妻には先立たれていたり面倒だとついてきてくれなかったりする・・・そんな時にジジ活女子とお出かけします。

高齢男性も若い女の子とのお出かけのほうが間違いなく楽しいのだと

旅行

ハワイ

アクティブな高齢男性は国内国外問わず旅行好き。時間もある方々なのでこちらが働いていたりすると予定を合わせてくれます。

行くところも近場の温泉から北海道・沖縄、またグアムやハワイなど様々。

パパ活では近場の温泉デートは行っても海外まではなかなかいけません。旅行好きの女子にとっては魅力的ですよね。

こうしたところにお小遣い付きでお付き合いすることになります。

 

なお、相場はまちまち。ちょっとした1時間程度のデートであれば5,000円程度ですが、良い男性だと数十万円まで跳ね上がります

ジジ活は後妻業!

小説・ドラマ・映画にもなった「後妻業の女」

あやしい夫婦

みなさんは「後妻業」という言葉をご存じでしょうか。

後妻業とは、資産家で高齢のシングル男性と結婚、もしくは内縁の妻になって、その男性が亡くなったときに資産を全て手に入れる行為のこと

自然に亡くなるだけでは犯罪ではありません。

しかし時には男性を殺して財産を手に入れてしまうという、なんとも恐ろしいことも起こりえます。

後妻業ビジネスで有名な事件

「後妻業」関連での有名な事件といえば、2015年の関西連続青酸殺人事件でしょう。

結婚相談所を介して交際や結婚した男性が相次いで死亡、多額の遺産を手にしていた女性「筧千佐子」被告が、実は男性3人を青酸化合物で殺し、1人を青酸中毒で殺人未遂にしていたという驚愕の事件です。

裁判の結果、筧被告にはに死刑判決が下っています。(現在最高裁に上告中)

こんな犯罪行為をする人は当然いないとは思いますが、こんなことをしてしまう誘惑にかられるほど高齢男性は魅力的だ、ということではないでしょうか。

ジジ活のメリット

満足する女性

それでは、裕福な高齢男性とのお付き合い「ジジ活」は、具体的に女性側にはどういったメリットがあるのでしょうか。

メリット1:体の関係を持たなくてもいい

体の関係はパパ活でも持たなくてもいいですが、現役バリバリの男性のため求められることも多いはず。

一方、ジ活はよりプラトニックな関係になることが多いです。

高齢男性は現役世代より性機能が減退してきており、体目的というよりは「自分より若い人と話したい」「寂しさを埋めたい」という人が多い傾向にあります。

メリット2:話を聞くだけでいい!

プラトニックな関係でもいいのでつながりを持ちたい高齢男性に対しては、誠実に話し相手になってあげるだけでもかなり喜ばれます

孤独を感じる自分の行きたいところや話にきちんと付き合ってあげる、ということがジジ活成功の大きなポイントです。

メリット3:お手当の額が大きい!

ジジ活に成功すると、パパ活では得られなかった多額のお小遣いが得られる可能性もあります

使えるお金が現役世代よりも多い高齢男性に精神的な満足を与えることができれば、体の関係なしに数十万円のお小遣いがもらえることもあります。

女性側の負担が少なくもらえるものが大きいジジ活は、非常にメリットがある活動といえるでしょう!

ジジ活のデメリット

不満女子

ジジ活にもデメリットがあります。お付き合いする相手が高齢男性であるが故に、女性にとっては我慢しなければならないこともあります。

デメリット1:おじいさんすぎる!パパよりかっこよくない

容姿に関しては完全におじいちゃんとお付き合いすることなりますので、それを求めると非常につらいと思います。

現役世代のパパのほうが当然身だしなみを整えかっこいいことが多いです。

ジジ活をする男性は身だしなみにも気を遣う人は多いですが、薄い髪の毛や白髪、ファッション、加齢臭などはある程度目をつぶることが必要です。

デメリット2:話を合わせないとダメ

自分の親もしくはおじいちゃんぐらい年齢の離れたジジ活の相手。話が合わないという前提で臨む必要があります。

しかもジジ活男性は、寂しさを埋めるための相手を探していることが多いので「とにかく女の子と話したい」人です。

自分のことを一方的に話してくる男性もいるかと思いますが、そこはきちんと話を合わせる必要があります

少しでもぞんざいな扱いを受けていると男性が感じればそこで終わってしまいますので、くれぐれもご注意を。

ジジ活向きな女性はこんな人

得する女性

パパ活とはちょっと趣の違うジジ活。それに向いている女性はこんな人ではないでしょうか。

落ち着いて話を聞ける人

女の子と話したい高齢男性にとって一番望ましい女性は、自分の話をきちんと聞いてくれる人。できればその話を自然に面白がったり驚いたりリアクションできる人だったりするとベストです。

そう考えると落ち着いて聞き役に徹することができる女性がジジ活には向いています。話がつまらないからと言って、表情に出したり話を遮ったりするとよくありません

ジジ活ができるサイト・アプリまとめ

では、どうやってジジ活男性と出会うのでしょうか。

最近では60代・70代であってもスマホを使えるので、積極的にジジ活をしている男性はサイトやアプリを利用するケースも多くなってきています。

ユニバース倶楽部

ユニバース倶楽部は、全国14拠点、女性会員数7,000人いるパパ活・ジジ活専用サイト。

女性側は無料で登録できます。

一方男性はクラスによって、入会金は30,000円~300,000円、年会費が20,000円~160,000円がかかります。裕福な男性でなければ会員になれないというサイトなのです。

当然、入会時の面接・審査も行われています。

女性にとっては、身元のしっかりした方と安心して出逢いを楽しむことができるということになります。

東京だけでなく地方都市にも拠点が多いので、自分の住んでいる地域に近いところでお相手を探すことも可能。

男性の登録年齢層も比較的高めなので、ジジ活をするのであれば、まずここに登録するのがいいのではないでしょうか。

>ユニバース倶楽部無料登録

シュガーダディー

sugardaddy

シュガーダディーは、登録男性に「会社経営」「会社役員」「オーナー」などの経営者層が多いことで知られるマッチングサイトです。

60代以上の男性会員はわずか6%となりますが、かなりの資産を持っているリッチな高齢男性がいます。

女性会員については20代の学生が比較的多い傾向なので、若い女性と知り合いたい高齢男性が登録しています。

20代でもジジ活したい・・・という女子はぜひ登録してみるといいです。

なお、シュガーダディで便利な機能として「出張検索」があります。男性が出張日と出張先を入力すると都合が良い女性が検索できるという機能です。

地方のジジ活女子にとっては大都市圏から出張でやってくる裕福な男性と出会うこともできるので出会いの幅を広げることもできます。

先ほどのユニバース倶楽部と併行して使ってみてもいいかも

>シュガーダディー無料登録はこちら

ラウンジ

ラウンジイメージ

会員制ラウンジは裕福な高齢男性も多く利用しているので、出会いの場としては適しています。

もちろんお店側は表向きはNGですが、ラウンジで指名が増えれば店の売上にもつながるので黙認されているところも多いです。

パパと違ってからだを求められることも少なく、ママと長年の付き合いになる男性も多いので、トラブルも少なそうです。

ラウンジでのジジ活で、多くの高齢男性を見て自分に合った男性を見つけるのもいいですね。!

まとめ

今回はジジ活についてみてきました。高齢男性が苦手でなければ、女性にとってはパパ活よりローリスクハイリターンな活動が期待できるジジ活。

パパ活女子の皆さん、ぜひ一度挑戦してみてはいかがでしょうか。