2020/04/21
パパ活コラム

アメリカパパ活事情!奨学金返済がきっかけで始まる!

アメリカパパ活
日本でパパ活が流行する前に、アメリカでも既に存在していたパパ活。
しかしパパ活を始める理由やパパ活をしている女の子の層は日本と大きく違います。

お手当の相場も日本の倍以上あるアメリカのパパ活事情をお伝えしていきます。

✎ライター紹介
ミナミ:22歳女性
女子大生の傍ら、週2~3回程度のパパ活を行っています。

パパ活の月収は約40万円!

最近は、papapiでのコラムニストもしてます♡
色々記事書いてるから読んでね〜!

パパ活女子

現在パパ探しは、
シュガーダディ
ラブアン
ユニバース倶楽部
の3つを使って
ます!

特にシュガーダディは「オンラインデートOK!」のパパが沢山いるから一押し!

シュガーダディでは、普通にパパを検索してメッセージすることもできるけど、コロナ中は掲示板から連絡するのがおすすめだよ♪

アメリカでもパパ活が盛ん。SugarDaddy(シュガーダディー)の実態とは

パパ=Sugar Daddy

日本でパパ活という言葉が流行り若い女性が年上のリッチな男性から支援を受けることがブームとなっていますが、それは日本に限ったことではありません。

実はアメリカでもパパ活が盛んに行われているんです。

支援を受けているのは主に女子大学生!

日本では、支援してくれる男性のことを「パパ」と呼びます。

アメリカでは

支援してくれる男性を=Sugar Daddy(シュガーダディー)

支援される女性を=Sugar Baby(シュガーベイビー)

と呼ぶそうです。

Sugar Daddyは直訳すると「お砂糖お父さん」。

日本にもパパ活専用サイトで「Sugar Daddy」というものがあります。
実は、英語でのパパ活のパパという意味だったんです!

アメリカでは1000万人以上がパパ活をしている

日本でのパパ活は話題になっているものの、まだまだ地方でパパ活をしている女性は少ないですよね。

アメリカではすでに1000万人以上がパパ活を行っていると言われています。

Sugar DaddyとSugar Babyの関係は日本のパパ活と同じように、デートや食事を楽しんでお手当をもらうもの。
基本的には体の関係を持ちませんが、中には体の関係があることも!

また、アメリカ女子たちがパパ活をするには明確な理由があり、止むを得ずパパ活をしている女性もいます。

では、アメリカ女子がパパ活をしなければならない深刻な理由とは何があるのでしょうか?

アメリカ女子たちがパパ活をする深刻な理由

日本でもパパ活人口が徐々に増えています。

パパ活女子

日本でパパ活してる女の子は

「パパ活で楽に良い生活がしたい」
「貯金のため」
「欲しい物があるからパパ活をしている」

というpjが多いけど、アメリカはちょっと違ってるみたいです。

多くのアメリカ女子がパパ活を始める理由は、大学に進学するために借りた奨学金の返済や高額な授業料を支払うため。

ただ単に良い生活をしたいからとパパ活をしている女性は少ないと言われています!

日本にも大学へ進学するために奨学金を借りる人はいますが、アメリカの奨学金事情とはどのようなものなのでしょうか?

また、高額な奨学金を借りてまで大学へ進学しなければならない理由とはどんなものなのでしょうか?

アメリカ学生の奨学金事情

日本でも奨学金を借りた後に返済に苦しみ、結局奨学金を返済できない「奨学金破産」が年々増加しているそうです。

その実態は日本に限ったことでは無く、アメリカだと更に深刻!


アメリカではこの10年の間に奨学金を含む大学生の借金が2.5倍にまで増加!

2015年の借金額の調査では、
大学に通う学部生は平均して3万5000ドル(約370万円)
大学院まで含めると7万5000ドル(約800万円)

まで膨れ上がるという結果が出ています。

パパ活が流行る前に、
高額な授業料の支払いや奨学金の返済に当てるお金を稼ぐために売春をする女性も多く社会問題になりました。

現在は、パパ活が人気です。
しかし、実情は肉体関係ありきの付き合いをいている女子大学生も少なくありません。

自分を商品として売り込みお金を稼がなければならないほど、アメリカの大学生の借金問題は深刻なのです。

そこまでして大学に行く理由とは

ここまで、アメリカの女子大学生が高額な授業料や奨学金を借りてまで大学に進学している実情についてご紹介しました。

「なぜお金が無くても大学へ進学するのでしょうか?」

日本も最終学歴によってその後の仕事が左右される学歴社会。
しかし、アメリカでは日本を遥かに超える超学歴社会が古くから根付いており、大学を卒業しなければ良い仕事に就くことができないのです。

しかも、日本の多くの企業では年功序列で立場や給与が年々上がっていくのに対し、
アメリカの場合はやっと会社に入った後も実力主義!

就職後も、実力次第で給与のアップダウンがある厳しい世界です。

結果的に実力が追いつかず想定以下の給与しかもらえない場合は、奨学金の返済も滞ってしまいます。
大きな悪循環に落ちてしまうのです。

パパ活女子

そうならない為にも、
アメリカの女子大生は大学在学中にパパ活!

大学の授業料や奨学金の返済に充てるお金を、在学中にも稼がなければならないんです!
大変(*_*)

アメリカパパ活の相場は?

アメリカでシュガーダディーをしている男性の場合、


2人のシュガーベビーにそれぞれ月45万円程度
の支援をしているという男性も!

つまり定期パパの相場が日本より高め!

食事やデートの場合は1回につき$100(1万2千円)程度が相場。
体の関係があると金額は一気に跳ね上がるそうです。

日本の場合は月20万円以上パパ活で稼ぐことができればパパ活大成功と言えますが、アメリカのパパ活市場は日本よりも大きな金額が動くことが一般的。

パパ活女子

アメリカでパパ活を成功させることができれば、それこそアメリカン・ドリーム

アメリカで大規模な「パパ活サミット」が開催されました!

アメリカで、パパ活への理解を深めるための大規模なイベントが開催されました。
内容を見ていきましょう。

パパ活サミットとは?

2018年アメリカニューヨークで世界で初めて「パパ活サミット」開催され話題となりました。

このサミットは世界約140ヵ国で1400万人のユーザーが利用しているマッチングサイト「SeekingArrangement.com」が主宰したもの。

パパ活が肉体関係やお金だけの世界ではないことを強くアピールしたのです。

パパ活サミットの主宰である「SeekingArrangement.com」は、2006年に立ち上げられ、たった10年で利用者を1400万人にまで増やしています。

パパ活女子

日本のパパ活専用サイト「シュガーダディ」の会員数は5万人と言われているので、桁違いに登録者が多いことがわかります(*_*)

イベントでは、パパ活が世界中で必要とされている「支援」の一つであること訴えました。

パパはお金だけじゃない!夢の応援者なんだ!

アメリカでのパパ活は、お金だけが目当てではない一面も大きいんです!

アメリカのパパ活女子の多くが現役の大学生や明確な目標を持った女性。

夢を叶える支援をしたいシュガーダディーとのマッチングを支援するサイトがあります。

例えば、登録できるパパ活女子は弁護士を目指す法学部生やパラリーガルのみ。

このサイトに登録しているシュガーダディー自身も弁護士であると言うケースが多く、彼女たちが弁護士になると言う夢を応援したいという人ばかり。

金銭的な支援だけでなく、
現役の弁護士であるシュガーダディーから勉強を教えてもらったり、最新の弁護士業界に関する情報をもらうことを目的としているのです。

必ずしもお金目的や体の関係ありきの付き合いでは無く、特定の夢をもつ女性を支援したい男性が多いアメリカ。

一概にパパ活が悪いもの・危険なものと言う誤解を解く為に大規模なサミットが開かれたんです!

パパ活女子

アメリカのパパ活マッチングサイトには、登録できる職業が限定されているものもあるんだって!

驚き👀!

パパ活が、日本より明るみにでているアメリカ!

アメリカでは、パパ活に対して日本ほどマイナスなイメージは無いようです。
それは、大規模なパパ活サミットを開催されたり、多くのメディアに取り上げられているから!

将来のために今を支援してほしいシュガーベビーと、夢を持った若い女性を支援したいシュガーダディーを結びつけるためのサービスと言う認識が徐々に広まっています。

今後もアメリカのパパ活市場は拡大し続けそうです!

アメリカのパパ活人気サイト・アプリは?

ここからはアメリカで人気のマッチングサイト・アプリのTOP5をご紹介!

1位 SeekingArrangement

https://www.seeking.com/

アメリカのパパ活市場で最も信頼と実績のあるサイト!

パパ活サミットの主宰サイトであり、サイトの設立から10年で世界140か国に1400万人が利用しています。

2010年には大学のメールアドレスを利用して登録した学生には無料でプレミアムメンバーシップの資格を与えるサービスを開始し、登録者数が急増しました。

2位 SugarDaddyForMe

https://www.sugardaddyforme.com/

アメリカ女子に人気のパパ活マッチングサイト第2位は「SugarDaddyForMe」!

2004年にサービスをスタートし、15年以上の実績がある老舗のマッチングサイト。

シュガーダディーは40代から登録している人も多く等身大の付き合いができると人気があるようです。

3位 SugarDaddyMeet

https://www.sugardaddymeet.com/

アメリカ女子が選ぶ人気のパパ活マッチングサイト第3位は「SugarDaddyMeet」!

ウェブページのトップにはまるでハリウッドスターのような美しい男女の写真が掲載されているのが印象的。
実際に登録しているシュガーダディーもダンディーなイケメンが多いと噂!

4位 SugarDaddie.com

https://sugardaddie.com/

2002年にサービスをスタートした古株のマッチングサービスサイト。
登録者数は500万人以上!

健全な出会いや安心して利用できるサポート体制を全面的にアピールしており、危険性の低い充実した出会いを期待できるのが「SugarDaddie.com」。

5位 WhatsYourPrice

https://www.whatsyourprice.com/

アメリカ女子に人気のパパ活マッチングサイト第5位は「WhatsYourPrice」!

他のマッチングサイトよりもシンプルなウェブページで、パパ活よりもデート目的でのマッチングが多いサイト。

現地では本気のパパ活より気軽に利用できるマッチングサイトとして他のサイトと併用している女性もいるようです。

まとめ

パパ活はまだまだマイナスなイメージが多いですが、アメリカでは女性のキャリアアップのために必要な支援の一つとして徐々に市場が拡大しています。

日本よりも恋愛ビジネスがオープンなアメリカだからこそ、ポジティブなイメージのパパ活が増えていくのではないでしょうか。

※パパ活の注意点※
男性と食事や買い物のデートで、体の関係がないものをさします。
体の関係があり男性からお金をもらう場合、売春(=援助交際)となり違法行為です。